カスタム投稿タイプ「備忘録」

カスタム投稿タイプ利用時のおすすめプラグイン

Custom Post Type UI
プラグインからコードも吐き出されるので吐き出されたコードをfunctions.phpに記述することでプラグインなしでの実装の補助的なツールとしても利用可能。

テンプレート作成手順

single.phpをコピーしてsingle-[カスタム投稿のスラッグ].phpを作成する

カスタムフィールドのコードなどを記述

カスタム投稿関連の関数

カスタム投稿のスラッグを表示:<?php $gpt=get_post_type(); echo $gpt; ?>
カスタム投稿の名前を表示:<?php $postname=get_post_type_object(get_post_type())->label; echo $postname;?>

参考URL
https://qiita.com/dropmo/items/d5f2cf05c5b3e01cb8ba

まとめ

カスタム投稿タイプをうまく利用することで顧客がサイトを更新する作業が楽になる。

関連記事

  1. wp_headで吐き出されるCSSとjava scriptについての備…

  2. WordPressの管理画面がとても重くなったので修正したときの覚書

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。