wordpressの高速化テストをしてみました格安サーバーでどこまで速度アップ出来るかやってみたいと思います

ページ測定ツール

未対策時

サーバーロリポップスタンダードプラン(アクセレーターオフ)

画像の遅延読み込み

『LAZY LOAD』と両方試して何度か測定してみましたが『Native Lazyload』の方が若干いいようでした。
ですが本当に僅差でしたのでお好みの方でいいと思います。

Native Lazyload

キャッシュ系プラグイン

WP Fastest Cache

設定

結果

Wp Super çash

設定しようとするとエラーがでますがググってみるとロリポップサーバーでこのようなエラーが出るそうです。
その際の対処方法はこちらのサイトに詳しく解説されてますので参考にさせて頂きました。
https://affiliate150.com/wp-super-cache-set-up

私の環境では面倒臭い割に数値が下がりました

CSSやJSなどのリソースを軽量・最適化

Autoptimize

結果的にこのプラグイン が一番効果絶大でしたが表示が崩れたり不具合が発生したりする場合があるため表示を確認しながら設定した方がいいと思います。

まとめ

キャッシュ系のプラグインとう複数試しましたが正直効果は微妙でした
しかし未対策時のスピードが遅すぎましたね、原因としてはTCDのテンプレートのJSに問題があるようでした。
後日テンプレートを変えてテストしてみたいと思います。

またサーバー側のキャッシュ(ロリポップのアクセレーター)をONにする事でもう少し数字を伸ばすことができました

このサイトで利用中のロリポップサーバーのスタンダードプランは年額6000円とコスパもよく管理画面が他のサーバーよりとてもわかりやすいので気に入っていて当社の複数のサイトでも利用させていただいてます。

また年額9000円のハイスピードプランが新たに出来たようなのでアップグレードしましたので後日速度計測の結果は素瀬させていただきます。

関連記事

  1. カスタム投稿タイプ「備忘録」

  2. WordPressの管理画面がとても重くなったので修正したときの覚書

  3. クリックで切り替わる画像スライダー

  4. wp_headで吐き出されるCSSとjava scriptについての備…

  5. wordpressの投稿外面にプラグイン なしでタグを登録する方法。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。